【お試し茶】観音王 5g [QA-0020]

【お試し茶】観音王 5g [QA-0020]

販売価格: 459円(税込)

重量: 5g

数量:

商品詳細

最高峰の鉄観音!
透き通るような水色と奥深い味わい!

福建省南部の安渓という町で育つ茗茶がある。日本人でも良くその名を耳にする『鉄観音』である。
鉄観音は“烏龍茶より高級なお茶”という誤解をしている人も多いが、正確には“烏龍茶の中の一品種”である。
この『鉄観音種』の烏龍茶の原産地が安渓なのだ。
日本では台湾産の鉄観音のほうが有名だが、すべては安渓の鉄観音を模して作られている。
もう1点、日本で誤解されているのは“鉄観音はこげ茶色のお茶”という事。これは今となっては大きな誤解で、現在の安渓鉄観音は発酵の軽い緑茶のような色をしている。
様々な等級がある安渓鉄観音は、1つの品種として語るには無理があるほど奥深い。その中でも高級なものには“観音王”の称号が与えられる。
茶葉は台湾茶のように統一感のある色ではなく、明るい緑と深い緑が混ざり合い、その取り合せが美しい。
味は淡い。薄ささえ感じる第一印象でこのお茶を判断するのは早すぎたことは、その数秒後に気付かされるだろう。甘みが後から襲ってくるのだ。喉元にいつまでも漂うこの甘みは“音韻”と呼ばれ、この音韻にこのお茶の全てがある、といっても過言ではない。
透明感のあるさわやかな甘い香りは茶畑を連想させる。
煎を重ねるごとに奥深い味が口全体を包み込み、心地よい余韻が続く。この音韻は観音王ならではの品格を感じさせてくれる。

※当店の観音王は茶葉に付いている枝は取り除いてあります。枝付きは見た目に綺麗な
  一面もありますが、グラム数に対する茶葉の量が多い枝なしは更に高級で高価になります。


■観音王のオススメポイント!
 1.見事な“音韻”が体感できる
 2.透明感のある甘いさわやかな香り
 3.原産地の鉄観音の最高級茶
 4.透き通るような澄んだ水色と奥深い味わい


■観音王の飲み方

◎現地では?
茶壷(急須)か蓋碗に茶葉を多め(7〜10g)に入れ、
熱湯を注ぎます。
1煎目のお茶はお湯を注いですぐに茶海へ入れ、
茶海から茶杯へ注ぎます。
この1煎目は洗茶で飲みません。
すぐに2煎目のお湯を注ぎ殆ど抽出時間を取らずに
茶海へ注ぎます。
茶海から茶杯に注いでできあがり。

(現地では聞香杯は使いませんが、
 聞香杯で香りを楽しむのも、もちろんOK。)


◎普段お使いの茶器で
お手持ちの急須に熱湯をいれよく温めておきます。お湯を捨て、茶葉5〜7gを入れ熱湯を200ml程度注ぎます。
抽出時間を茶葉の量に合わせ1分前後おいて、茶杯に注ぎます。お茶は全て出し切ってください。
以上の茶葉の量、淹れ方で大体5〜6煎は美味しく飲むことが出来ます。

レビュー

0件のレビュー