花茶

 
  花茶
花そのものをお茶と称するもの、もしくは花と茶葉を組み合わせたものを総称して
花茶と呼びます。 花茶の代表格と言えばジャスミン茶でしょう。
茶葉には他の香りを吸引するという特徴があります。これには茶葉を保存するに
おいてデメリットとなるケース(密封していない状態で冷蔵庫保存すると冷蔵庫臭が
付く等)があります。
しかし、その特徴を逆利用し、あえて茶葉にジャスミン花の香りを吸着させることで
商品化したものをジャスミン茶といいます。
花茶  
 
  花茶
ジャスミン茶がよく飲まれるのは主に中国北部(北京など)です。茶 産地は主に中国南部。
茶の輸送事情が発展していなかった時代には新鮮な茶葉 を味わえない中国北部では、
花の香りをつけるジャスミン茶が好まれました。

花茶には以下の3つの種類があります。
●花そのものにお湯を加え、お茶として嗜むもの。 例:玫瑰花茶(バラ茶)・菊花茶etc
●茶葉に花の香りをつけたもの。 例:ジャスミン茶・桂花茶 etc
●花と茶葉を組み合わせ、お湯を注ぐとゆっくり花が開くように仕掛けた工芸茶。

 
 
34