【お試し茶】[武夷岩茶]武夷水仙 5g [QW-0050]

【お試し茶】[武夷岩茶]武夷水仙 5g [QW-0050]

販売価格: 146円(税込)

重量: 5g

数量:

商品詳細

『水仙種』の武夷岩茶
“普段飲み”に最適なロープライス岩茶!

『水仙種』の茶葉は青茶(烏龍茶)では良く使われる。日本のペットボトルでも使われているケースは多い。従って『水仙種』には色々な茶名や階級がある。
元々は福建省建陽県に産するお茶であったが、各地に移植され現在に至っている。
『水仙種』の武夷岩茶だけでも様々な茶名があるが基本的には武夷山に産するものは『武夷水仙』と称される。
日本人には馴染みの深い水仙種烏龍茶の味は武夷岩茶初心者にも入りやすいお茶だ。
また、油質を流す効果が高く、体内循環も促進するため変な話だが初めて飲む人はかなり“トイレ”が近くなる。健康増進には最適だ。
価格的にも武夷山のお茶としては安価で、普段飲むお茶として、また健康の手助けとしてお薦めできるお茶である。


■武夷水仙のオススメポイント!

1.烏龍茶ポリフェノールたっぷりの健康茶!
2.何といっても安価!普段飲むお茶として最適。
3.安価でもペットボトル等に比較して格段に美味しい!


■武夷水仙の飲み方

◎現地では?
茶壷(急須)か蓋碗に茶葉を多め(7〜10g)に入れ、
熱湯を注ぎます。
1煎目のお茶はお湯を注いですぐに茶海へ入れ、
茶海から茶杯へ注ぎます。
この1煎目は洗茶で飲みません。
すぐに2煎目のお湯を注ぎ殆ど抽出時間を取らずに
茶海へ注ぎます。
茶海から茶杯に注いでできあがり。

(現地では聞香杯は使いませんが、
 聞香杯で香りを楽しむのも、もちろんOK。)


◎普段お使いの茶器で
お手持ちの急須に熱湯をいれよく温めておきます。お湯を捨て、茶葉5〜7gを入れ熱湯を200ml程度注ぎます。
抽出時間を茶葉の量に合わせ1分前後おいて、茶杯に注ぎます。お茶は全て出し切ってください。
以上の茶葉の量、淹れ方で大体5〜6煎は美味しく飲むことが出来ます。

レビュー

0件のレビュー